冒険に賭ける男(全3巻)

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。

    故国を巡る政略・陰
    謀、波瀾の大ロマン

    ハロルド・ロビンス
    (河出文庫)
    河出書房新社/1985年 初版
    井上一夫 訳
    カバー装画:ローレンス・カレ

    ■南米の架空の相国コルテガイ。山賊あがりの
    将軍の率いる革命軍と政府軍とのあいだで内戦
    が勃発、豪農の息子に生まれた主人公ダクスは
    革命軍に身を投じた父の留守に母と姉を虐殺さ
    れ、命からがらジャングルのなかを逃げさ迷う。
     やがて革命派が政権を掌握、フランス領事に
    就任した父とともにダクスはパリへ…………
    セックス!アクション! 陰謀! 国際的なスケー
    ルで展開する冒険大ロマン。(上)

    ■大統領の命令で、大学を中退していったん祖
    国に帰ったダクスは、使命をおびてふたたびヨ
    ーロッパへ。ナチス・ドイツの台頭で世界大戦
    は必至の情勢だった。金持ちの娘と結婚して貧
    乏生活に別れを告げたセルゲイ、抗独レジスタ
    ンスに身を投じたロベール・ド・コイヌ、相変
    わらずのプレイボーイぶりを発揮しながらも、
    中立国の立場を利用してコルテガイの国際的地
    位の向上をはかるダクス………… (中)

    ■大統領に利用されたあげく祖国を追われたダ
    クスは、アメリカでプレイボーイの生活にもど
    り、大金持ちのスー・アン・デリーと結婚する。
     コルテガイの政情は安定せず、国内の反政府
    勢力が外国から武器の提供を受けて、蜂起の機
    会を狙っている。大統領は密使をおくって、ふ
    たたびダクスに接触………… 政略・陰謀・波瀾
    の運命に踊らされる悲劇のヒーローを国際的ス
    ケールで描く大ベストセラー。(下)


    ★全3巻セット
    状態:三方に軽いヤケ、
    カバー背ヤケ(退色)
       その他、スレ・ヨレ・小キズ・くもり
       など、相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

    お問い合わせフォーム