二人の妻をもつ男

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    巧妙な伏線と、二重
    三重のどんでん返し

    パトリック・クェンティン
    (創元推理文庫)
    ★The Man with Two Wives (1959)
    ※ヒュー・ホイーラー単独作
    東京創元社/1979 20版/392P
    大久保康雄 訳
    カバー:金子三蔵
    解説:「推理小説と文学性」植草甚一

    ビル・ハーディングは、現在C・J出版社の高
    級社員として社長の娘を妻に迎え幸福な生活を
    送っていた。ところがある晩、偶然のことから、
    彼はわかれた最初の妻、美しいアンジェリカに
    めぐりあった。彼女は悲惨な境遇にあるようだ
    ったが、なぜかビルのさしのべた救いの手をか
    たくなに拒絶するのだった。この時からビルの
    生活には暗い影がさしはじめた。やがて生活の
    激変、おそろしい殺人事件の渦中へ巻きこまれ
    ていった。一九五五年に発表されるや、英米両
    国のあらゆる批評家から最大級の賛辞をもって
    むかえられた本書は、新しき古典として推理小
    説史上に早くも不動の位置を占めたベストテン
    級の傑作である。




    状態:三方にヤケ、カバーに経年感あり。
       ※読むのにはほとんど支障ありません。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています