エンタープライズ爆破計画

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    スパイVSスパイの
    血みどろの死闘!

    藤原審爾
    (角川文庫)
    角川書店/1979 初版1刷/262P
    カバー:辰巳四郎
    解説:中島河太郎


    アメリカが自由世界の旗手として誇る原子力空
    母エンタープライズ=ビッグ・E。その航行距
    離の長さは、無寄港で世界を数周できる。搭載
    したミサイル、重爆撃機などの最新兵器は、い
    くつかの地上基地を集めたより強大で想像を絶
    する破壊力を持つ。これがもし爆発すれば、東
    京・大阪を結ぶ太平洋ベルト地帯を軽く吹き飛
    ばすほどの莫大な量の〈核〉をも積んでいると
    いう。
    いま、恐るべき計画が着々と進行していた。こ
    の浮かぶ巨大要塞ビッグ・E爆破を狙う男たち
    が、深く静かに行動を開始したのだ。著者入魂
    のスパイ小説の最高傑作。



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品を買った人はこんな商品も買っています

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

    お問い合わせフォーム