グランド・フィナーレ

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    土地の因縁が紡ぐ物
    語。
    芥川賞受賞作。

    阿部和重
    (講談社文庫)
    「二〇〇一年のクリスマスを境に、我が家の紐
    帯は解れ」すべてを失った〈わたし〉は故郷に
    還る。そして「バスの走行音がジングルベルみ
    たいに聞こえだした日曜日のタ方」二人の女児
    と出会った。神町——土地の因縁が紡ぐ物語。
    ここで何が終わり、はじまったのか。第132回
    芥川賞受賞作。




    状態:三方に微ヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています