プロジェクト・ゼロ

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    異色ロボット開発物
    語。

    石川英輔
    (ハヤカワ文庫JA)
    早川書房/1988 初版/412P
    解説:矢野徹
    カバー:空山基

     一樹は隣に横たわる冬子のむき出しの白い
    肌に目をやり、はたして、アンドロイドにこ
    の感触を備えさせることができるだろうかと
    思った。——人間そっくりの芸能用アンドロ
    イドの製造で一介の産業用ロボットメーカー
    から、世界有数のロボット開発・製造メーカ
    ーへと急成長を遂げたアマノ技研の総帥・天
    野哲太郎の次なる野望は女性型セックス用ア
    ンドロイドの開発〈プロジェクト・ゼロ〉。
     異例の大抜擢を受け、プロジェクトを一任
    された大賀一樹だったが…。組織の中で、前
    代未聞の開発テーマに取り組む人びとを描く、
    異色ロボット開発物語。



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています