ウェルズSF傑作選2

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    全作品の中から必読の傑作中
    短編を厳選
    H.G.ウェルズ
    (創元推理文庫)
    東京創元社/1972 4版/292P
    阿部知二 訳
    カバー装画:真鍋博

    推理小説におけるコナン・ドイルと並んで、
    19世紀末から 20世紀初頭にかけて活躍した
    ウェルズは、サイエンス・フィクションの巨
    人である。現代SFのテーマとアイディアの
    基本的なパターンは、大部分が彼の創意にな
    るものといえよう。本書は、スペース・トラ
    ベル、タイム・トラベル、侵略テーマ、異次
    元テーマなど,多彩をきわめる全作品のなか
    から、とくに必読の傑作中短編をえらんで、
    全三巻に編集した待望の作品集である。

    【収録作品】
    「アリの帝国」
    「森の中の宝」
    「めずらしい蘭の花が咲く」
    「海からの襲撃者」
    「盲人の国」
    「故エルヴシャム氏の物語」
    「ダチョウの売買」
    「赤むらさきのキノコ」
    「剥製師の手柄話」
    「『最後のらっぱ』の物語」
    「世界最終戦争(ハルマゲドン)の夢」
    「クモの谷」

    訳者あとがき



    状態:三方に軽いヤケ、カバー&裏表紙に大き
       く斜めタテ折れ(後半10数ページにも
       うすく斜め折れ筋(読むのには支障のな
       いレベルです)。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています