『日本映画の若き日々』

    【通販送料、最安料金で計算します!】
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    稲垣浩
    (中公文庫)
    中央公論社/1983 初版1刷/311頁
    単行本:1978 毎日新聞社刊

    「宮本武蔵」「無法松の一生」など数々の名
    作を世に送った巨匠稲垣浩が、日本映画の若
    き日々を回想して綴るカツドウ屋曼陀羅。

    【目次】

    ●京都映画散歩
    太秦/等持寺/花園/愛宕/化野/天竜寺/
    嵐山/老ノ坂/祇園町/八坂神社・内山/知
    恩院/南禅寺/下賀茂/一乗寺/二条城/壬
    生・島原/東寺/城南宮/伏見/嵯峨の/鳴
    滝/三条木屋町/宮川町

    ●わが交遊録
    嵐寛寿郎/市川右太衛門/上田吉二郎/大河
    内伝次郎/大谷友右衛門/岡田茉莉子/興津
    要/乙羽信子/片岡千恵蔵/加東大介/菊地
    昇/久我美子/杉狂児/園井恵子/高野弘正
    /東野英治郎/中村翫右衛門/永田雅一/南
    部僑一郎/長谷川一夫/原節子/阪東妻三郎
    /松田春琴/三国連太郎/宮城千賀子/笠智
    衆/山口淑子

    ●常談・戯談
    孔雀の災難/替え玉/岡若のはなし/映画と
    音楽/撮影所の出入り商人/お早う/伊勢や
    んの話/私のスキーの先生/『瞼の母』映画
    化の思い出/照らし屋/ふざけた野郎ども/
    伊丹万作と私/巌流島と祇園太鼓/酒徒列伝
    /戦時中と終戦のとき/涙と血と汗/悪製造
    の面白さ/セリフあれこれ/映画館のいろい
    ろ/結婚と離婚/映画の傍題

    ●あとがき



    状態:三方に強いヤケ(ページ本文はそれほど
       ヤケていません)カバー背にタテ折れ、
       上辺に強めのイタミ(ヤブレ・欠けはあ
       りません)。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

    お探しの本があれば…

    お問い合わせフォーム

    店主紹介


    函館出身→東京荻窪&
    阿佐ヶ谷→現・札幌。
    子供の頃から本好き。
    でも読書はちょっと苦
    手。古本屋通い歴は二
    十数年。

    フリーエリア