舞え舞え断崖

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    絢爛たる情念の揺らめきと甘
    美な性の深淵。
    赤江瀑
    (講談社文庫)
    講談社/1989 初版1刷/275P
    カバー装丁:辻村ジュサブロー
    解説:小林孝夫(歌人)

    その昔、金精神の祠があったという断崖。一愛
    読者からの手紙が縁で、断崖の上下に住むこと
    になった閏秀(けいしゅう)詩人・日折真船と
    画家・流子の姉妹。二人はともに妖精をモチー
    フに名を成した。妖精にまつわる遠い過去の記
    憶を秘めて……。
    表題作のほかに「女形の橋」など、艶にして妖、
    情念の襞にせまる珠玉の六編を収録。

    【収録作品】
    女形の橋
    水鏡の宮
    燿い川
    舞え舞え断崖
    悪戯みち
    柩の都
    黒馬の翼に乗りて



    状態:三方にヤケ、カバー全体に経年感(スレ
      ・ヤケ・微ヤブレ・小キズ・くもりetc)

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています