人喰いの時代

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    数々の奇妙な事件を
    解明する
    呪師霊太郎
    山田正紀
    (徳間文庫)
    徳間書店/1994 初版1刷/348P
    カバーイラスト:須藤敏明
    カバーデザイン:秋山法子
    単行本:徳間書店 1988 刊

    東京からカラフトに向かう船中で、椹秀助は首
    吊り死体を発見した。が、再び現場に戻った時
    には死体が着ていたはずの洋服は消え、なぜか
    下着姿になっていた。被害者の名は藤子義介。
    貿易会社社長で、彼の持ち船はその劣悪な労働
    条件から「人喰い船」と呼ばれていたという。
    事実、船員の中には彼に恨みを持つ者もいた。
    しかし、椹と同室の呪師霊太郎が見せた推理は
    全く意外な方向へ……(「人喰い船」)他五篇
    を収録。
     
    【目次】
    人喰い船
    人喰いバス
    人喰い谷
    人喰い倉
    人喰い雪まつり
    人喰い博覧会

    初刊本後書き
    解説:香山二三郎



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています