阿蘇安徳伝説の殺人 火の里の陵 

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    安徳伝説が語る、哀
    しき殺意の真相とは

    山村正夫
    (C★NOVELS)

    中央公論社/1990 初版1刷/新書判232P
    カバー:青木拓磨

    ★滝連太郎、第6の事件
    下田の別荘地で、少女が暴漢に襲われて崖から
    墜死した。別荘にいて、助けを求める少女に気
    づいたはずの楠本富之助夫妻は、大量の血痕を
    残して失綜。さらに富之助の妻の死体が奥多摩
    湖に浮かんだ——   ついに警視庁の大曽根警部
    は友人の名探偵・滝に協力を要請。「安徳天皇
    阿蘇潜幸説」の懸賞論文に取り組んでいた滝は、
    富之助が平家琵琶に魅ぜられていたことを知り、
    演奏会のある壇ノ浦へ赴くが…。安徳伝説が語
    る、哀しき殺意の真相とは。



    状態:三方に軽いヤケ、薄いシミ、カバーに
       スレ・ヨレ・小キズなど相応の経年感
       あり。

    この商品を買った人はこんな商品も買っています

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています