「渡辺典子 主演ミステリ3部作」原作セット

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。

    角川映画3部作の原
    作小説。

    赤川次郎
    (角川文庫)
    『晴れときどき殺人』
    ★映画『晴れ、ときどき殺人』(1984)
     監督:井筒和幸 脚本:丸山昇一
    角川書店/1984 初版1刷/256P
    解説;権田萬治

    若い頃、私は嘘の証言をして、無実の人を死に
    追いやった。だが最近、ごく身近な人の中に真
    犯人がいるとわかった……。北里財閥の当主・
    浪子は、 19 歳の一人娘、加奈子に衝撃的な手
    紙を残して急死した。通夜当日、北里財閥の社
    長達、婚約者の正彦、かかりつけの医師・菊井
    親子らごく身近な人達が北里邸につめかけた。
    仮面の下に隠された真犯人の素顔。加奈子を巡
    る莫大な遺産争い。宏壮な屋敷を舞台に、恐怖
    の殺人劇の幕が開く!


    『いつか誰かが殺される』
    ★映画『いつか誰かが殺される』(1984)
     監督:崔洋一 脚本:高田純
    角川書店/1984 9版/262P
    解説:郷原宏

    大財閥永山家の当主志津は、明日 70 回目の誕
    生日を迎えようとしていた。家族達は続々と屋
    敷につめかけていた。長男・悟は飛行機で、克
    次は東京の会社から、末っ子・千津子は夫の法
    夫を伴い新幹線で。法夫のあとを愛人、千津子
    のあとを怨みを持つ殺人犯、殺人犯を追う警部、
    警部のあとを警部夫人……。家族一堂に会した
    永山邸で志津を祝う為、「今年の賭け」が始ま
    った。いうなれば殺人ゲーム……。ついに喧噪
    と狂乱、欲望と憎悪の宴の幕があく!


    『結婚案内ミステリー風』
    ★映画『結婚案内ミステリー』(1985)
     監督:松永好訓 脚本:小野竜之助
    角川書店/1985 11版/371P
    解説:北上次郎

    さえない中年男・深田栄一が経営する結婚相談
    所には「私と一緒に死んでくれる人」とか「一
    切の肉体的接触をお断りします」とかいう風変
    わりな希望の客が多い。その都度、所長の深田
    と 23 歳の小柄でキュートな寺沢紘子の二人は
    天手古舞。最初の相談客の心中志願の美女・小
    野貴子は、見合い相手のホテルのプールへ投身
    自殺を図るが……。奇想天外の着想と推理。
    〈OL名探偵〉紘子の活躍を軽快なタッチで描
    く、ロマンティック・ミステリー。



    ★3冊セット
    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています