『成吉思汗の秘密[新装版]』

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。★
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    義経=成吉思汗?大
    トリックに挑む神津

    高木彬光
    (光文社文庫)
    光文社/2005 初版1刷/498P
    カバーデザイン:芦澤泰偉

    兄・頼朝に追われ、あっけなく非業の死を遂げ
    た、源義経。一方、成人し、出世するまでの生
    い立ちは謎に満ちた大陸の英雄・成吉思汗。病
    床の神津恭介が、義経=成吉思汗という大胆な
    仮説を証明するべく、一人二役の大トリックに
    挑む、歴史推理小説の傑作。本編にまつわるエ
    ッセイの他、短編「ロンドン塔の判官」を合わ
    せて収録。

    【目次】
    『成吉思汗の秘密』
    あとがき
    カッパ・ノベルス版のあとがき
    エッセイ:『成吉思汗余話』
         『お忘れですか? モンゴルに渡った
         義経です』
    短篇:  『ロンドン塔の判官』
    巻末エッセイ:「成吉思汗の秘密と、高木彬光
           さんと、自分」  …島田荘司
    解題:新境地のベッド・デテクティブ…山前譲



    状態:三方に軽いヤケ、カバー・表紙にやや経
       年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

    お探しの本があれば…

    お問い合わせフォーム

    フリーエリア