朱漆の壁に血がしたたる

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    密室殺人の容疑をか
    けられた探偵コンビ

    都筑道夫
    (角川文庫)
    角川書店/1980 初版1刷/252P
    カバー:山藤章二
    解説:泡坂妻夫

    「片岡直次郎、あんたを逮捕する。緋美子殺害
    の容疑でだ」 塩から声をあげて、巡査が叫ん
    だ。――能登の旧家の、内部を真っ赤な朱漆で
    塗った土蔵の内で、美女が殺害。蔵にいたのは、
    調べものをしていた直次郎と、案内役の殺され
    た旧家の娘だけで、内から鍵がかけられ、完全
    な密室を構成していた。 幽霊専門の探偵事務
    所でコンビを組む直次郎の大ピンチに、ものぐ
    さ太郎の末裔を自称する桁外れのなまけもの・
    物部太郎は、いやいや謎の解明にのり出した。
    だが、つづいて、またまた人が殺された! お
    かしな名探偵コンビが活躍する長編推理、シリ
    ーズ第3弾。



    状態:三方にヤケ、薄いシミ。カバーにスレ・
       ヨレ・小キズ・くもりなど相応の経年感
       あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています