血の季節

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ミステリとホラーが
    巧みに絡み合う名作
    小泉喜美子
    (宝島社文庫)

    宝島社/2016 初版1刷/328P
    カバー:菊池祐
    単行本 :1982 早川書房
    1次文庫:1986 文藝春秋

    青山墓地で発生した幼女惨殺事件。その被告人
    は、独房で奇妙な独白を始めた。事件は40年
    前の東京にさかのぼる。戦前の公使館で、金髪
    碧眼の兄妹と交遊した非日常の想い出。戦時下
    の青年期、浮かび上がる魔性と狂気。そして明
    らかになる、長い回想と幼女惨殺事件の接点。
    ミステリーとホラーが巧みに絡み合い、世界は
    一挙に姿を変える。1982年発表。復刊希望が
    相次いだ、幻の名作がついに復刊。




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど   相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています