アビス(上下巻セット)

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    深淵で人類を待ち受
    けていた未知の存在

    オースン・スコット・カード
    (角川文庫)
    角川書店/1989 初版1刷/上309P・下306P
    南山宏 訳

    【上巻】深淵(アビス)からの訪問者!?
    力リブ海に横たわる力イマン海溝は一万ハ千フ
    ィートを超えるアビス(深淵)だ。複数核弾頭
    ミサイルを満載した米軍の原潜モンタナが突然、
    緊急発信を残して沈んだのは、そのアビスの入
    口だった。ソ連が気づかないうちに、核弾頭や
    機密文書を回収しなければならない。たまたま
    近くで油田掘削試験中だったディープコアに協
    力が要請され、特殊部隊SEALが派遣された。
    折りから史上最大級のハリケーンが現場海域に
    向かっている。時間はない。二千フィートを超
    える深海での作業は困難を極めた。その時、誰
    も予期しない訪問者が近づいていた。


    【下巻】深淵(アビス)の闇に光を!
    事態は最悪になった。力リブ海で沈没した原潜
    モンタナの救助活動は、たちまち国際紛争を引
    き起こした。モンタナはなぜ突然沈んだのか。
    事故の直前、ソ連の最新のスパイ衛星が爆発し
    たのはなぜか。誰も第三者がいるとは思いもし
    なかったのだ。一方ディープコアでは重大な事
    件が起こっていた。アビスに潜むものたちが、
    初めて人類と直接接触しようとしていた。彼ら
    は何ものか。何をしようとしているのか。現代
    SFの旗手が描く、深海のドラマは今、圧倒的
    なクライマ ックスを迎える!




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています