詩のこころ・美のかたち

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    クリックで画像を表示
    古今東西の芸術作品
    から詩を探る

    杉山平一
    (講談社現代新書575)
    講談社/1980 初版1刷/184P

    子供たちは、めずらしい話よりも、同じ話のく
    りかえしを喜ぶ。落語や芝居でも、知っている
    動きやセリフが出てくると、「待ってました」
    と声をかけたい喜びを覚える。中原中也は、
    「汚れつちまつた悲しみに…」のリフレーンに
    よって、多くの若者の心を捉えた。
    本書は、日常の事象・動作が、芸術としていか
    なる美を作りあげているか、美の中に人間の心
    はどう織り込まれているか、古今東西の芸術作
    品から探る。




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています