北原白秋詩集

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    童謡や歌曲も豊富に
    収録のアンソロジー

    北原白秋
    (ハルキ文庫)
    角川春樹事務所/1999 初版/254P
    横木徳久編・解説
    エッセイ:工藤直子

    ●南国的な異国情緒や世紀末的な美意識にあざ
    やかに彩られた象徴詩、やわらかな追憶の風景
    や子供たちの無垢な心の世界を歌った短歌や童
    謡。官能と純真さをあわせ持ち、豊かな語彙と
    多彩な技法で、比類なき言葉とイメージの世界
    を展開した詩人・北原白秋。現代の詩の光源と
    なった代表的な詩作品のみならず、「城ヶ島の
    雨」「ペチカ」と、誰もが愛唱した童謡や歌曲
    も豊富に収録したアンソロジー。



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています