ブライト・ライツ、ビッグ・シティ

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    現代の都会に生きる
    「きみ」の物語。

    ジェイ・マキナニー
    (単行本)
    ★Bright lights,big city (1984)
    新潮社/1988 初版6刷/B6判上製221P
    高橋源一郎 訳
    カバー装画:永沢まこと


    「きみはそんな男ではない。
     夜明けのこんな時間に、こんな場所にいる
    ような男ではない。しかし、いまきみのいる
    のは、間違いなくこんな場所なのだ。」


     いつもと変わりなく月曜日がやって来る。
    10時間つづけて眠り、ようやくきみは目を
    覚ます。日曜日のことは誰も知らない…。ニ
    ューヨークの一流出版社調査課に勤めながら、
    毎夜ナイトクラブに通い、コカインに溺れる
    「きみ」。きらびやかな大都会に生きる若者
    の姿を静かな声で語って絶大な反響を呼んだ、
    「心に真っ直ぐ突き刺さってくる小説」。
    「80年代のサリンジャー」と謳われ、ベス
    トセラーとなった著者デビュー作。



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています