ソフトマシーン

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    カットアップ手法が
    作る独自の世界観

    ウィリアム・バロウズ
    (河出文庫)

    ★ THE SOFT MACHINE (61, 66, 68)
    河出書房新社/2004 初版1刷/223P
    山形浩生、柳下毅一郎 訳
    解説:山形浩生

    言語ウィルスが類人猿にとりついた人類史の曙。
    異形の祭司が、瀕死の同性愛者が、重症麻薬中
    毒者が跋扈する近未来世界に展開する悪夢的ヴ
    ィジョンの数々——
    『裸のランチ』によって驚異的な反響を巻き起
    こしたバロウズは、カットアップ三部作ともい
    うべき『ソフトマシーン』『ノヴァ急報』『爆
    発した切符』を書いた。カットアップやフォー
    ルドインとは、自分の文章や他人の文章を切り
    刻んで並べかえたり折り込んで並べたりして、
    新しい文章を半ば自動的に生み出す手法。本書
    はその実験性を発揮して、独自の世界観を繰り
    広げる。




    状態:三方にヤケ、カバーにヨレ、スレキズなど
       経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています