うたかたの日々

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    現代でもっとも悲痛
    な恋愛小説

    ボリス・ヴィアン
    (ハヤカワepi文庫)

    ★L'Écume des jours(1947)日々の泡
    早川書房/2007 初版5刷/292P
    伊東守男 訳
    カバー装画:小竹信節
    底本:ボリス・ヴィアン全集3 うたかたの日々
      (1979 早川書房)

    小さなバラ色の雲が空から降りてきて、シナモ
    ン・シュガーの香りで二人を包み込む……ボー
    イ・ミーツ・ガールのときめき。夢多き青年コ
    ランと、美しくも繊細な少女クロエに与えられ
    た幸福。だがそれも束の間だった。結婚したば
    かりのクロエは、肺の中で睡蓮が生長する奇病
    に取りつかれていたのだ――パリの片隅ではか
    ない青春の日々を送る若者たちの姿を優しさと
    諧謔に満ちた笑いで描く、「現代でもっとも悲
    痛な恋愛小説」。

    解説:小川洋子「ボリス・ヴィアンの健気さ」




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています