マイク・ハマーへ伝言

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    高速道路に爆発する
    減速無しの熱い青春

    矢作俊彦
    (光文社文庫)
    光文社/1988 初版/275P
    解説:生井英考
    カバー写真:安珠

     「パーティをやろうと思う」マイク・ハマー
    が提案した。「松本の死を悼んでね。一風変わ
    ったパーティだぜ」  V8、3200cc、300馬力の
    化け物パトカーに、仲間を殺された5人の横浜
    っ子たちは、復讐を計画した——高速道路での
    迫真のカーチェイス、小気味よい青春とその終
    わりを鮮やかに描いた傑作長編。矢作俊彦デビ
    ュー作。



    状態:カバー背に退色、ヨゴレあり
       三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品を買った人はこんな商品も買っています

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています