本棚探偵の冒険

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    夢幻の本棚を求めて
    稀代の漫画家が走る。

    喜国雅彦
    (双葉文庫)
    双葉社/2005 初版1刷/453P
    単行本:2001 双葉社刊
    カバーデザイン原案
     &イラスト・挿絵:喜国雅彦

     ある時は人気漫画家、またある時はミステリ
    マニアで愛妻家、しかしその実体は……「古本
    者」だった!ポケミス求めて東奔西走、狂喜乱
    舞の乱歩邸、試行錯誤の豆本作り。単行本収録
    の座談会「嗚呼、本日も古本まみれ」をオマケ
    に付け、マニア魂を持つすべての人に捧げる、
    抱腹絶倒のエッセイ集、ついに文庫化。「蒐め
    るだけで読まない人」が癒される一冊。 

    【目次】
    夢の蔵
    青空の下の埃
    デパートの一番長い日
    僕の先生
    他人家の本棚(前/後編)
    T蔵書の謎
    黒背表紙を求めて(前/後編)
    自分家の本棚
    ちょっといい話(小ネタ集)
    マニアの部屋
    恐怖コレクション
    もう一つの貼雑年譜
    本棚探偵、北へ
    悪魔の目録
    函を作る(前/後篇)
    幻影古書店
    ポケミスマラソン
    ポケミスマラソン(特別拡大版)
    オンリー本棚
    底無沼
    底無沼?
    小説『兄嫁の寝室』
    俺のパノラマ島
    本棚の肥やし
    豆本が欲しい(前/後篇)
    愛の往復書簡
    単行本のためのあとがき

    ・特別座談会:
    ・「喜国雅彦を古本世界に引き込んだ悪い人たち」
    ・シンポ教授のミステリー・カルト道場
    ・抱腹絶倒座談会「嗚呼、本日も古本まみれ」
    ・文庫本のためのあとがき



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています