文章入門

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    文章とは何か、文章を創造する
    とは如何なることか。
    野間宏
    (旺文社文庫)
    旺文社/1978 初版6刷/353P
    カバー:麻生三郎

    文章を書こうとする若い人々のために、江戸文
    学から戦後派文学まで、豊富な資料を引きなが
    ら「文章とは何か」を平易に解説した入門書。
    そればかりでなく、本書は戦後文学を代表する
    著者の内面をも知る手懸りを与えてくれる好著
    である。

    目次
    1 文章とは何か
    2 小説の文章
    3 現実生活の表現としての文章
    4 自然主義文学の文章
    5 記録の世界と小説の世界
    6 新感覚派の文章
    7 プロレタリア文学の文章
    8 昭和文学とマスコミ
    9 戦後文学の文章
    10  言葉と文体と文章
    11  現代における詩と散文

    像(イメージ)と構想
    感覚と欲望と物について
    創造の問題
    あとがき
    関係文学史年表



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています