誰が為に爆弾は鳴る

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    正確無比の謎の爆弾
    を巡る決死のドラマ

    トニー・ケンリック
    (角川文庫)
    ★BLAST (1983)
    角川書店/1988 初版1刷/367P
    上田公子 訳
    カバーイラスト:桜井一

    「一週間後の金曜日ホテル・アムステルダムで
    爆弾が爆発する。時刻は午後4時きっかり……」
     脅迫状は次の爆発も予告し、3回目の中止と
    引き換えに百万ドルを要求していた。爆発は予
    告の場所で、予告の時刻に起き、一人が爆死し
    た……犯人はなぜこうも正確に爆弾を仕掛けら
    れるのか! 爆弾魔を追いはじめたのは退職刑
    事のチャーターズ。彼は正体不明の男から脅迫
    をうけ、やむなくそれを引きうけた。脅迫者は
    爆弾魔の要求する百万ドルの横どりを企んでい
    るのだ! 限られた時間のなかで、チャーター
    ズの必死の捜査が探りあてる、意表をつく爆発
    装置の秘密とは?




    状態:三方にヤケ、カバー裏に大きなキズ(折れ
      あるいはシワのようなもの)、ほか全体に経
      年感あり。
       

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

    お問い合わせフォーム