『月影の道 ―小説 新島八重』

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。★
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    蜂谷涼
    (文春文庫)
    文藝春秋/2012 第1刷/295P

    強くひたむきに明治を駆け抜けた
    女の生き様

     NHK大河ドラマ『八重の桜』の主人公・新島
    八重の人生を、時代に抗い寄り添う迫力の女心
    を描いて定評ある著者が、ドラマティックに書
    き下した時代小説。


     会津が降伏開城した夜、見上げた空には銀の
    月、無残に散った親友の美しい顔―。壮絶な篭
    城戦を生き延びた会津藩砲術指南役の娘・山本
    八重は、薩長への突き上げるような憎しみに葛
    藤する。アメリカ帰りの牧師・新島襄と結婚し
    た時、心に期したこととは——時代に挑戦し続
    けた女性の激動の一生と心模様を描ききった画
    期的小説。


    状態:目次・中扉・P1に下角折れ、
       P175に上角折れ

    お探しの本があれば…

    お問い合わせフォーム

    フリーエリア