江戸川乱歩の大推理

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    昭和初期に起きた殺
    人と探偵乱歩の推理

    辻真先
    (光文社文庫)
    光文社/1994 初版/238P
    カバー:亀海昌次
    解説:西堀小波

    ●江戸川乱歩はなぜ、幻の作家の小説『仮面の
    恋』を封印したのか。真相を探る作家志望の青
    年を、由布院温泉に訪れた編集者・服部健太郎。
    しかし青年は何者かに襲われ意識不明。謎の美
    少女が現われて、小説も紛失した。——昭和初
    期に起きたある殺人と、探偵乱歩の名推理。隠
    された暗号、男装の麗人…健太郎と妻の知香が
    謎を解く!? 耽美の世界が現代に甦った!



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています