志村流 遊び術

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    限られた時間を存分
    に楽しむための極意

    志村けん
    (マガジンハウス文庫)
    マガジンハウス/2020 初版1刷/220P
    企画構成:吉野信吾
    単行本:2004 マガジンハウス刊
        文庫化に際して再構成

    志村流〈遊びの哲学〉、少年時代の思い出から、
    恋愛、夜遊び、趣味、日常生活まで、腹八分目
    の「ほどほど主義」を貫きつつも、限られた時
    間を存分に楽しむためのこだわりと極意を、プ
    ライベートなエピソードもふんだんに盛り込み
    ながら大公開します。「最初はグー」や「アイ
    ーン」が生まれたのも〈遊び〉があったからこ
    そ。遊びで身に付けた気配りや脱力術は仕事に
    もきっと役に立つはず。

    【目次】
    まえがき
    第1章 遊びの原点
      ―自給自足の遊びが想像力を養ってくれた
     自給自足の遊びが創造力を養ってくれた
     青春時代は、春の陽だまりのようなもの
     単純作業でも、楽しみは見出せる
     …ほか
     番外編:上島竜兵、志村けんの遊び方を語る

    第2章 遊びの心得―遊び上手ほど腰が低い
     休みには、心と体のスイッチを切る
     アソビがあってこそ遊び
     休日はノリで過ごそう
     遊ぶ金に汚い人は物にならない
     …ほか

    第3章 遊びの実践
        ―女と趣味には完璧を求めるな
     女と趣味には完璧を求めるな
     親、兄弟には、恋愛で迷惑をかけないこと
     …ほか)

    第4章 遊びの習慣
        ―ケジメの儀式で日常にメリハリをつける
     ケジメの儀式で日常にメリハリをつける
     酒飲みだから、肝臓にいい朝食メニュー
     住宅街を散歩する楽しみ
     娯楽で仕事の自宅映画鑑賞
     …ほか



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています