アイディ。

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    ファーストエッセイ

    坂本真綾
    (星海社文庫)
    星海社/2011 初版1刷/196P

    2005年に刊行された坂本真綾の
    ファーストエッセイ集


    遠くまで来たけれど、いつか見た地平線で感じ
    たように、すべてはつながっている。児童劇団、
    初恋、音楽、舞台、ひとり旅―。紡がれた言葉
    のひと粒ひと粒までが瑞々しくきらめく、珠玉
    のファーストエッセイ集。現在、そして未来へ
    とつながる坂本真綾の足あと。新たに文庫版あ
    とがきを書き下ろしで収録。

    【目次】
    コヤクのころ。
    うっかり。
    『レ・ミゼ』に出会ってしまった。
    東京生まれ、おおざっぱ育ち。
    あるラジオ番組の話。
    歌の足あと。
    急に思い立ってひとり旅。休みは1週間だけ
    とることができた。

    あとがき
    文庫版あとがき



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています