緋色の研究

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    ホームズ初登場の記
    念すべき第一作

    コナン・ドイル
    (創元推理文庫)
    東京創元社/1983 45版(初版 1960)
    /184P
    阿部知二 訳
    カバー:日下弘
    解説:中島河太郎

     インドに従軍して帰国したワトスン博士は、
    ふとしたことからベーカー街221番地 Bに風が
    わりな友人と同宿することになった。その名は
    シャーロック・ホームズ!かくしてホームズと
    ワトスンの不朽の名コンビが誕生することにな
    った。二人が手がけた最初の事件、それが本書
    「緋色の研究」である……空家の中で殺されて
    いた謎の死体、その壁に血書された”復讐”の文
    字。この怪事件にとまどう警察当局をしり目に
    ホームズの快刀乱麻を断つあざやかな推理は、
    過去にさかのぼって驚くべき真相に到達する。
     ホームズが全世界の読者に初登場のあいさつ
    を送った記念すべき第一作!



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています