『小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯』+歴史本セット

    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    NHK連続テレビ小説
    「あさが来た」原案

    古川智映子
    (潮文庫)
    潮出版社/2015 初版4刷/346P
    (親本『小説 土佐堀川——女性実業家・広岡
     浅子の生涯』(88)、新装改訂版(15)



    NHK連続テレビ小説「あさが来た」
          (主演:波瑠、玉木宏)原案本

    常に全力、七転八起を超える九転十起のがんば
    りで、大坂の豪商加島屋を切り盛りし、命の重
    さに想いを馳せ、大同生命を興す。
     女性教育にも心血を注ぎ、日本女子大学の創
    立にも関わった颯爽たる女性の一代記。

     豪商三井家から17歳で大坂の両替商・加島屋
    に嫁いだ浅子は、家運が傾くと持ち前の商才を
    発揮、「九転十起」の精神で難局を切り開き、
    大坂随一の実業家として大成する。晩年は女子
    教育にも力を注ぎ、日本初の女子大学開設に奔
    走。歴史に埋もれてきた不世出の女性実業家の
    生涯を、初めて世に紹介した名作が、待望の文
    庫化。

    ★歴史副読本を特別セット!
    『広岡浅子 新時代を拓いた夢と情熱』
    『歴史読本』編集部 編(新人物文庫)

    株式会社KADOKAWA/2015初版3刷/191P

    ●嘉永2年(1849)、商家の名門・三井家の娘と
    して京都に生を享けた広岡浅子。幼少のころよ
    り非凡な才能を見せた浅子は、  17歳で大坂の
    豪商・加島屋の広岡信五郎に嫁ぐ。江戸から明
    治へと変わる激動の時代に、のんびりとした好
    人物である夫の支えを得て、加島屋の危機を切
    り抜け、炭鉱経営・銀行設立・生命保険会社の
    創業など新しいビジネスに果敢に乗り出した。
    男性中心の当時にあって目覚ましい活躍を遂げ
    た異色の女性実業家であり、新時代に活発に輝
    く女性たちを育成するべく女子大学の創立にも
    関わった「一代の女傑」である。朝の連続テレ
    ビドラマの主人公としても大注目の広岡浅子。
    その波乱万丈の生涯を追う!




    状態:上記2冊セット。並。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています