南京の基督

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    男が愛した少女には、神とい
    う名の愛人がいた――

    丹後達臣
    (扶桑社文庫)
    扶桑社/1995 初版1刷/カラー含む248P
    原作:芥川龍之介
    脚本:ジョイス・チャン
    ★映画カット、スチール多数掲載

    薄幸なクリスチャンの中国人少女と、死に魅か
    れる日本人小説家の純愛を描いたラブストーリ
    ー。新聞社の招待で中国の南京を訪れた小説家
    ・岡川は、とある娼館で厚い信仰心を持つ純朴
    な少女・金花と出会う。貧しさ故に娼婦となっ
    た金花に、初めての客である岡川は強くひかれ、
    やがて愛し合うようになる。しかし、妻子ある
    外国人男性へ愛情をそそぐ少女には、海を隔て
    た距離と性病という試練が待っていた…。
    富田靖子が津身の演技で 95年度東京国際映画
    祭最優秀女優賞を獲得した話題映画を完全小説
    化。



    状態:三方にヤケ、カバーにヤケ・スレ・ヨレ
       ・小キズ・くもりなど、相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています