ふところ手帖

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    あの『座頭市』を生んだ幕末
    歴史伝。第一人者の名随筆集
    子母澤寛
    (中公文庫)
    中央公論新社/2006 改版(初版1975)/262P
    単行本:1961 中央公論社刊

    勝海舟、榎本武揚、男谷下総守、島田虎之助、
    山内容堂から座頭市まで、歴史小説の第一人者
    がその実像を丹念に追跡し、限りない愛惜を行
    間にこめて、幕末動乱の時代相とともに、独自
    の語り口であざやかに描出した、格調高い歴史
    随筆集。

    【目次】
    兵法名人番付
    才女伝
    つれづれ日記
     天狗身代
     にせ歯医者伝
     狸爺の眼鏡
     諭吉と武揚
     雨亭先生のこと
     お妾ばなし
     奇人変人
     割勘で
    座頭市物語
    湯屋の佐兵衛
    徳川御家人
    雲の切れ間
     そのころの本所深川
     達人家康
     赤穂の早太郎
     猿の尾
     そばの味
     しっぽくと引廻し
     消えた剣客
     花のふるさと
     股肱を棄てず
     壱岐守と与力
     有村次左衛門

    解説      …尾崎秀樹
    子母澤寛の世界 …中村彰彦 



    状態:三方にヤケ、カバー背、帯状に退色あり。
       その他、スレ・ヨレ・小キズ・くもりなど、
       相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています