天の梯 みをつくし料理帖(10)

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    料理人として自らの
    行く末を決意する澪

    高田郁
    (ハルキ文庫)
    角川春樹事務所・時代小説文庫
    2014 初版1刷/344P
    装画:卯月みゆき
    装幀:西村真紀子(albireo)


    『食は、人の天なり』——医師・源斉の言葉に
    触れ、料理人として自らの行く末に決意を固め
    た澪。どのような料理人を目指し、どんな料理
    を作り続けることを願うのか。澪の心星は、揺
    らぐことなく頭上に瞬いていた。その一方で、
    吉原のあさひ太夫こと幼馴染みの野江の身請け
    について懊悩する日々。四千両を捻出し、野江
    を身請けすることは叶うのか!? 厚い雲を抜
    け、仰ぎ見る蒼天の美しさとは!? 「みをつ
    くし料理帖」シリーズ、堂々の完結。

    【目次】
     結び草———葛尽くし
     張出大関——親父泣かせ
     明日香風——心許り
     天の梯———恋し栗おこし

    巻末付録 澪の料理帖
    特別付録 みをつくし瓦版




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品を買った人はこんな商品も買っています

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています