血の収穫

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    元祖ハード・ボイル
    ド探偵登場の第1作

    ダシール・ハメット
    (創元推理文庫)
    東京創元社/1972 13版/314P
    田中西二郎 訳

    カバー装幀:和田誠
    解説:中島河太郎

     コンティネンタル探偵社支局員であるおれは
    小切手を同封した事件依頼の手紙を受け取って
    鉱山町バーンズヴィルに出かけて行った。しか
    し、おれがその町に到着した時には、入れちが
    いに依頼人のヘラルド新聞社の社長が腹と胸と
    背中に四発の弾丸をくらって即死してしまった。
     利権と汚職とギャングのなわばり争い、殺伐
    な鉱山町は一夜のうちに殺人の修羅場と化した。
    その血しぶきと銃丸の乱れとぶ中を、非情で利
    己的なおれが活躍する。リアルな性格描写と、
    簡潔な語法により、画期的なハード・ボイルド
    派を創始した、ダシール・ハメットの第一作!




    状態:三方に微ヤケ、カバー全体に経年による
       若干の曇り、微ヤケ有り。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています