「密室」傑作選

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    甦る推理雑誌(5)

     ミステリー文学資料館 編
    (光文社文庫)
    光文社/2003 初版1刷/496P
    カバーデザイン:丸尾靖子

    1950年代前半のミステリー界は同人誌の活動
    が盛んだった。 なかでも52年8月に創刊され
    た「密室」は、その華やかさと内容の充実とで、
    とりわけ目を引くものだった。本巻では、鮎川
    哲也「りら荘事件」の原型をなす「呪縛再現」
    天城一の傑作長編推理「圷家殺人事件」他を収
    録する。いずれの作品にも、同人誌ならではの
    熱気が満ちている。

    【目次】
    まえがき
    鬼たちの熱気に満ちた「密室」

    苦の愉悦―密室発刊に際して …竹下敏幸
    罠 …山沢晴雄
    訣別―副題第二のラヴ・レター …狩久
    草原の果て …豊田寿秋
    呪縛再現・挑戦篇 …宇多川蘭子
    呪縛再現・後編 …中川透
    〈長編小説〉圷家殺人事件 …天城一

    赤い夢と老後の楽しみと私的な伝言 はやみねかおる
    太平洋戦争終結後十年の推理小説界と世相
    「密室」総目次
    「密室」作者別作品リスト



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・
       ヨレ・小キズ・天に小ヨゴレ、など
       相応の経年感あり。

    この商品を買った人はこんな商品も買っています

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています