東西不思議物語

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    不思議さへの驚きと興味、そ
    れを育んできた伝承と物語

    澁澤龍彦
    (河出文庫)
    河河出書房新社/1994 32版/235P
    カバー装画・イラスト:藤本蒼猪

    家に愚き、家具などをガタガタ揺って大騒ぎす
    るさわがしい幽霊ポルターガイスト。伝説や神
    話に登場する頭の二つある変な蛇、石の上に顔
    があらわれるといった奇現象など、不思議な話
    をこよなく愛する著者が、最も心ひかれるテー
    マをとりあげ、古今東西の典籍を引用しながら
    物語る不思議話のミニ集成。夢とシンボルの一
    大宝庫へ読者をいざなうエッセイ集。

    【目次】
    前口上
    1 鬼神を使う魔法博士のこと
    2 肉体から抜け出る魂のこと
    3 ポルターガイストのこと
    4 頭の二つある蛇のこと
    5 銅版画を彫らせた霊のこと
    6 光の加減で見える異様な顔のこと
    7 未来を占う鏡のこと
    8 石の上に現れた顔のこと
    9 自己像幻視のこと
    10 口をきく人形のこと
    11 二人同夢のこと
    12 天から降るゴッサマーのこと
    13 屁っぴり男のこと
    14 ウツボ舟の女のこと
    15 天女の接吻のこと
    16 幽霊好きのイギリス人のこと
    17 古道具のお化けのこと
    18 鳥にも化すウブメのこと
    19 リモコンの鉢のこと
    20 キツネを使う妖術のこと
    21 空中浮揚のこと
    22 トラツグミ別名ヌエのこと
    23 幻術士果心居士のこと
    24 天狗と妖霊星のこと
    25 悪魔と修道士のこと
    26 二度のショックのこと
    27 迷信家と邪視のこと
    28 女神のいる仙境のこと
    29 神話とSF的イメージのこと
    30 「栄光の手」のこと
    31 骸骨の踊りのこと
    32 天狗にさらわれた少年のこと
    33 石の中の生き物のこと
    34 海の怪のこと
    35 隠れ蓑願望のこと
    36 破壊された人造人間のこと
    37 腹の中の応声虫のこと
    38 百鬼夜行のこと
    39 アレクサンドロス大王、改訂探検のこと
    40 不気味な童謡のこと
    41 大が小をを兼ねる芸のこと
    42 もう一人の自分のこと
    43 ガマが変じて大将となること
    44 女護の島のこと
    45 不死の人のこと
    46 遠方透視のこと
    47 黒ミサに必要なパンのこと
    48 さまざまな占いのこと
    49 百物語ならびに結びのこと



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています