薔薇の女〈アンドロギュヌス〉殺人事件

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    次々に美女の肢体を
    切断する猟奇殺人

    笠井潔
    (角川文庫)
    角川書店/1987 初版1刷/356P
    カバー:岡村元夫
    解説:川村二郎
    単行本:1983 角川書店 刊


       19歳の貧しい娘シルヴィー・ラテーヌに奇蹟
    が舞いこんだ。伝説的な美人女優ドミニク・フ
    ランスの名画「薔薇の女」再映画化の主演女優
    を、という魅力的な誘いだった。だが、有頂天
    のシルヴィーを夜更けのアパルトマンに訪れた
    のは、豪勢な真紅の薔薇の花束を抱えた、正体
    不明の殺人鬼だった…。壁に残された戦慄の血
    文字〈アンドロギュヌス〉―両性具有者とは何
    か?切り裂きジャックの再来か。パリの鋪石を
    血に染め、次々に美女の肢体を切断する恐怖の
    連続猟奇殺人事件!待望の矢吹駆シリーズ第3
    弾。



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています