母なる自然のおっぱい

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    自然と人間、知的で創造的な
    12の論考。
    池澤夏樹
    (新潮文庫)
    新潮社/1998 3刷/295P
    カバー装画:桶あきら

     知恵を伝達し、流布し、蓄積することに成
    功してホモ・サピエンスは自然から遊離して
    しまった。そこには奢りと淋しさが同居して
    いる───その透徹した視座より、捕鯨反対
    運動、沙漠に造られたエコロジー実験施設、
    旅、冒険、風景などについて明晰な論理を紡
    ぐ。凡庸な自然讃歌でも感情的な環境保護思
    想でもない、極めて知的で創造的な自然と人
    間に関する12の論考。読売文学賞受賞。



    状態:三方にヤケ、カバー角に小スレなど
       全体に経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています