わが母の教えたまいし歌 伊栗慎太郎事件ファイル

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    近未来の東京を舞台にする、
    SFハードボイルド第2弾
    松村光生
    (ハヤカワ文庫JA342)
    早川書房/1991 初版/287P
    カバーイラスト:いのまたむつみ

     おれ、伊栗慎太郎は憧れの独立開業したもの
    の、さっぱり仕事がない私立探偵である。そん
    なおれのところに現われた最初の依頼人は少年
    時代の親友・野口鉄男とその美貌の婚約者・中
    村静子の二人だった。組のコカインを盗み出し
    たという疑いをかけられている広域暴力団広野
    組組長未亡人である静子の姉の身辺警護をして
    欲しいというのだが…
    『グッドバイ・ロリポップ』に続く近未来の東
    京を舞台にするSFハードボイルド。



    状態:三方にヤケ、カバーに背ヤケ、スレ・
       ヨレ・小キズ・くもりなど、相応の経
       年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています