機龍警察 自爆条項(上下)

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    警視庁特捜部 VS
    国際テロリスト

    月村了衛
    (ハヤカワ文庫1075/1076)
    早川書房/上巻 2013 初版4刷/373P
         下巻 2012 初版1刷/297P

     軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査す
    る警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織
     IRFによるイギリス高官暗殺計画を察知した。
    だが特捜部には不可解な捜査中止命令が。首相
    官邸、警察庁、外務省、そして、中国黒社会の
    暗闘。やがて、特捜部の<傭兵>ライザ・ラード
    ナー警部の凄絶な過去が浮かび上がる。世界標
    準のスケールと圧倒的リアリティを持ち極限に
    まで進化した「至近未来」警察小説、戦慄と驚
    愕の第二弾。(上巻)

     ライザ・ラードナー、警視庁特捜部付警部。
    そして元テロリスト。自らの犯した罪ゆえに彼
    女は永遠の裏切り者となった。イギリス高官暗
    殺と同時に彼女の処刑を狙う IRFには「第三の
    目的」があるという。特捜部の必死の捜査も虚
    しく国家を越える憎悪の闇が遂に見せる最後の
    顔。自縄自縛の運命の罠にライザはあえてその
    身を投じる。過去と現在の怨念が東京迷宮で狂
    おしく交錯する「至近未来」警察小説、慟哭と
    死闘の第二弾。(下巻)




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています