金田一耕助の冒険1

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    一篇ごとに趣向を凝
    らした異色の事件簿

    横溝正史
    (角川文庫)
    角川書店/1993 24版/243P
    (※裏表紙、バーコードありイラスト無し)
    解説:中島河太郎
    カバーデザイン:和田誠

     夕方の雑踏で賑わう吉祥寺駅前で、袴姿の金
    田一耕助と等々力警部が、ひそひそ話し込んで
    いる。挙動不審の一人の青年を見張っていたの
    だ。やがて、動き出した青年を等々力警部が尾
    行し、金田一は、見当をつけていた現場へ先回
    りすることになった。青年は新聞記者で、一年
    前、不可解な事件にまきこまれたて失った記憶
    を取り戻そうとしていた。その事件の鍵を握る
    謎の女は、彼の瞳の中だけに存在するのである。
    今ようやく、事件の全貌が明らかにされようと
    していた……。(「瞳の中の女」)
     一篇ごとに趣向を凝らした、金田一耕助異色
    の事件簿PART1。

    【収録作品】
    霧の中の女
    洞の中の女
    鏡の中の女
    傘の中の女
    瞳の中の女
    檻の中の女



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています