遊びの時間2

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    楽しみながら、文学
    をぶらりと散歩する

    丸谷才一
    (中公文庫)

    中央公論社/1983 初版1刷/321P
    カバー:山藤章二

    小学唱歌論からイギリス文学早分かりまで、文
    学全集の話から芝居の思い出、額田王の歌から
    現代発句まで、とびきり上等の閑談や遊びや雑
    学を楽しみながら、文学をぶらりと散歩する。
    一人の小説家が遊び時間にものした至芸の粋。

    【目次】
    1. 過去への散歩
      桜と御廟
      見わたせばあをやなぎ花ざくら
    2. 短い文学論と藝術論
      流行の鑑、礼儀の手本
      文学全集の話
      角川映画とチャンドラーの奇妙な関係
      菊なます
      小説、ゴシップ、そしてオペラ
      しどろもどろな文学辞典
      私の愛誦する一句
     …ほか
    3. イギリス文学知ったかぶり
     芝居の中の芝居
     イタリアの悲劇
     『十二夜』をめぐる推理
     黄いろい砂の上で
     サッカレイとシャーロット
     …ほか
    4. 引札一束
     東京のなかの江戸
     包む
     新しい価値観のために
     伊藤整と文壇
     食堂車での感想
     藝としての女ごころ
     …ほか
    5. 小さな長方形のなかで
     アメリカ的美徳
     包む
     国語の表記
     最後の授業
     週刊誌の憂鬱
     入沢康夫の詩を読む
     色つきテレビ
     アレッホ・カルペンティエル
     読書感想文の害について
     植物図鑑
     …ほか
    6. 政治的?ちょっと政治的?
    田中角栄による文学論
    「強調と連帯」考
    前線と参謀本部

    あとがき
    解説:常盤新平



    状態:三方に軽いヤケ、本文数カ所に黄色いマ
       ーカー線引き(蛍光ではないのであまり
       気にならないレベル)、奥付に18ミリ角
       の蔵書印(朱)あり

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています