文学ときどき酒 丸谷才一対談集

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    文学者たちがあやつ
    る、最上の話し言葉

    丸谷才一
     (中公文庫)  
    中央公論新社/2011 初版1刷/306P
    解説:菅野昭正
    カバー装幀:和田誠
    単行本:1985 集英社刊

    『吉田健一、石川淳、里見弴、谷崎松子、円地
    文子、大岡信、ドナルド・キーン……
     一流の作家・評論家たちと丸谷才一が杯を片
    手に語り合う。源氏物語から谷崎作品、シェー
    クスピアからジョイスまで。文学者たちがあや
    つる最上の話し言葉をご賞味あれ。

    【目次】

    読むこと書くこと   …吉田健一
    小説のなかのユーモア …河盛好蔵
    本と現実       …石川淳
    倚松庵日常      …谷崎松子
    いろんなことをするから人生 …里見弴
    吉田健一の生き方
     —アウトサイダーの文学と酒 …河上徹太郎
    『源氏物語』を読む …円地文子
    花・ほととぎす・月・紅葉・雪 …大岡信
    エズラ・パウンドの復権    
           …篠田一士、ドナルド・キーン
    ジョイス・言葉・現代文学…清水徹、高橋康也




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています