失われたムー大陸

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    消えた文明の聖典を
    解読、その結果
    は…
    ジェームス・チャーチワード
    (ボーダーランド文庫01)

    ★The LostContinent of Mu 1926
    角川春樹事務所/1997 初版1刷/320P
    小泉源太郎/訳
    親本:1968 大陸書房刊


    インドの古い僧院が秘蔵する粘土板に記された
    驚くべき伝承。それは1万2千年前、太平洋に
    巨大な大陸があり、地球の異変で一夜にして海
    中に没したという信じがたい内容であった。
     1886年、チャーチワードはある高僧の導きに
    よって、その消えた文明の聖典に出会う。
    「ナカール碑文」と呼ばれる不思議な文書の解
    読の結果、それが6千4百万の人口とともに消
    滅した、「ムー」と呼ばれる高度な文明社会で
    あったと確信するにいたる。地球を襲った大異
    変とは? そして空飛ぶ機械を操ったムー文明
    とは?

    【目次】
    序文
    第1章  失われたエデンの園
    第2章  輝やける太陽の帝国
    第3章  ムー大陸の大陥没
    第4章  太平洋に眠るムーの遺跡
    第5章  人類最初の宗教
    第6章  アトランティス大陸と地中海
    第7章  北米大陸の古代遺跡
    第8章  中米の埋れた都市
    第9章  東洋の神秘な国々
    第10章 栄光の都バビロンへの道

    解説:南山宏



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています