雑誌記者 池島信平

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    雑誌づくりの達人の
    人間味ゆたかな生涯

    塩澤実信
    (文春文庫)
    文藝春秋/1993初版1刷/384P
    カバー:坂田政則
    単行本:1984 文藝春秋刊

    「天皇大いに笑ふ 」など名企画を打ち出して、
    「文藝春秋」を国民雑誌に育て上げた池島信平
    は昭和を代表する名編集者の一人といっていい
    だろう。平衡のとれたものの見方と鋭い時代感
    覚を併せもち、ノンフィクション志向を先取り
    した、雑誌づくりの達人の温かくもゆたかな人
    間性と生涯を 浮き彫りにする。

    【目次】
    菊地寛へのあこがれ 
    奇妙な雑誌社
    その生い立ち・その生活
    マルスに魅入られた時代
    赤紙一枚で
    「文藝春秋」の復刊と解散
    新社の再建と恩師の死
    「文春」上昇気流にのる
    「雑誌記者」四半世紀の栄光
    現場を離れた寂しさ
    社長の椅子の哀歓
    名編集長の終焉

    あとがき : 塩澤実信
    信平さん記 : 司馬遼太郎
    池島信平年譜



    状態:三方にヤケ、カバーに経年感あり

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています