カディスの赤い星(上下)

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    日本の国際冒険小説
    の達成点。

    逢坂剛
    (講談社文庫)
    講談社/上…2005 28刷  390P
        下…2000 17刷 442P
    解説:北上次郎
    カバー写真:逢坂剛
    カバーデザイン:荒川じんぺい

    第96回(昭和61年度下半期) 直木賞、日本推
    理作家協会賞・日本冒険小説協会大賞受賞。


     フリーのPRマン・漆田亮は、得意先の日野
    楽器から、ある男を探してくれと頼まれる。そ
    の男の名はサントス、20年前スペインの有名な
    ギター製作家ホセ・ラモスを訪ねた日本人ギタ
    リストだという。わずかな手掛りをもとに、サ
    ントス探しに奔走する漆田は、やがて大きな事
    件に巻きこまれてゆく…(上巻)

     サントスとダイヤが埋められたギター「カデ
    ィスの赤い星」を追ってスペインに渡った漆田
    は、ラモスの孫娘フローラの属する反体制過激
    集団 FRAPのフランコ総統暗殺計画に巻きこま
    れる…。スペイン内戦時の秘密を軸に、日本と
    スペインを舞台に展開される、サスペンスにみ
    ちた国際冒険小説。(下巻)



    ★上下2冊セット
    状態:上…並
       下…275P以降の数ページに湿気による
         タワミ、三方に微ヤケ
              ※読むのにはほとんど支障ありません。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています