イベリアの雷鳴

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    緻密に描く苛烈な日
    英独の大諜報戦。

    逢坂剛
    (講談社文庫)
    講談社/2002 初版1刷/715P
    カバー:安彦勝博
    解説:真保 裕一
    単行本:1999 講談社刊
    緻密に描く苛烈な日英独の大諜報戦

    総統暗殺!? 1940年。内戦の痛手いまだ癒えぬ
    スペインでは、フランコ殺害を企む一派が活動
    を続けていた。ジブラルタルを巡り、日英独の
    諜報戦が熾烈を極めるマドリードに現れた日系
    ペルー人の宝石商・北都昭平は、やがて激動す
    る歴史の渦へと巻き込まれていく。苛烈な闘い
    を緻密に描くエスピオナージ。



    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています