東洋の秘術 ヤング・インディ・ジョーンズ(9)

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    中国の旅、毒グモに
    咬まれ死線を彷徨う

    横田順彌 
    (文春文庫)
    ★北京1910 
    文藝春秋/1993 初版/286P
    カバーアート:生頼範義
    解説:伴野朗

     はじめてのアジア、それも「眠れる獅子」中
    国の混沌に足を踏み入れた少年インディ、仕事
    のある父は北京に残し、母と家庭教師、それと
    通訳の四人で出かけた見学の旅で、万里の長城、
    孔子の墓と名所旧跡をまわるうちに突然の嵐、
    おまけにインディは毒グモに咬まれ、高熱を発
    して死線をさまよう。そこへ名医登場……

    「インディ・ジョーンズ」シリーズのスピン
    オフ作品『インディ・ジョーンズ/若き日の
    大冒険』Young Indiana Jones Chronicles  の
    日本版ノヴェライズ。




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

    お問い合わせフォーム