振飛車殺人事件

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    ※画像はイメージです。
    美人棋士が解く振飛
    車戦法に隠された謎

    山村正夫
    (徳間文庫)
    徳間書店/1982 初版/250P
    (単行本…1977 立風書房刊)
    解説:権田萬治
    カバーイラスト:毛利彰

     将棋愛好家でアマチュア有段者であれば、多
    少天狗になるのは可愛いが、それを殺人トリッ
    クに使うなど許しがたい——
    まだうら若きカオリも美人棋士だったが、警視
    庁警部夫人でもあるところから、これも内助の
    功とばかり、柳家小さんに似た朴訥な北原部長
    警部とコンビを組み、「振飛車戦法」の裏に隠
    された謎を解明してゆく——
     推理文壇界では、高木彬光、斎藤栄と並ぶ愛
    棋家である著者が描く、将棋推理三部作。

    【収録作品】
    振飛車殺人事件
    詰将棋殺人事件
    棒銀殺人事件




    状態:三方に軽いヤケ、カバーにスレ・ヨレ・
       小キズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています