澁澤龍彦 初期小説集

    ★深夜に読む本、深夜でも読みたい本。
    クリックで画像を表示
    読む者を迷宮世界に
    引き込む幻想小説。
    澁澤龍彦
    (河出文庫)
    河出書房新社/2005 初版1刷/257P
    カバー画:細谷正之
    解説:佐藤亜紀

    ガラスの金魚鉢に見つめられ、妄想を駆り立て
    てゆく男の心理を追う「撲滅の賦」、狼の子を
    宿す女の幻想を描いた「犬狼都市」のほか、両
    性具有の王と彫刻師が織りなす古代ギリシャ奇
    譚「陽物神譚」、彷徨する幽霊船上でのドラマ
    「マドンナの真珠」、著者唯一の推理小説とも
    いわれる「人形塚」など9編を収録。読む者を
    迷宮世界に引き込む魅惑の初期幻想小説集。

    【その他の収録作品】
    エピクロスの肋骨
    錬金術的コント
    サド侯爵の幻想
    哲学小説・エロティック革命




    状態:三方にヤケ、カバーにスレ・ヨレ・小キ
       ズ・くもりなど相応の経年感あり。

    この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています